いわゆる「丼という」に関して図る

乳幼児のうち、祖母から聞いたチャットは、最近の時代にも役に立つことも至極あります。実際、出来事の糸をたどりながらネットで調べているって、けっこうヒットするのですから、断然、各種知識は、年代を超えて伝わるのだと実感しています。

祖母から聞いたチャットのなかに「家族丼」と「他人丼」があります。丼は、溶き卵を与えますが、卵と肉との系が称号にも反映されて要る、というものです。つまり、「家族丼=卵+鶏肉」、「他人丼=卵+牛肉」という組み合わせになるのです。

因みに、丼について調べてみると、「他人丼=卵+豚肉」もあるといったわかりました。また、「鮭+イクラ」という組み合わせも「家族丼」に該当するとか・・・あれっ、「家族丼=イクラ+鮭」が正しいのかな?

細かいことはさておき、ふだん、肉がちゃぶ台に至ることは、ほとんどありませんでした。入庫やる「冷蔵庫」が普及していなかった年代ですから、仕方ないことです。ですから、明治31階級発祥の祖母が、どうして「家族丼」や「他人丼」の知識を得たのかも、未だに謎のとおりだ。残ってしまったニキビ跡を治すには、どうすればいい?